援助交際によって弱みを握られての脅迫被害相談解決

援助交際トラブル

援助交際トラブルで、脅迫被害トラブル、恐喝被害トラブルになる一番多い事例として

法律に違反した事を材料にした脅迫行為や恐喝行為が、一番多い脅迫被害トラブル、恐喝被害トラブルになります。

※ 援助交際は、児童買春・青少年保護育成条例(淫行条例)・出会い系サイト規制法・売春防止法などの刑事上の法律に抵触する事も多いので、何かで警察に発覚すれば逮捕も十分にあり得る重大な犯罪になるのです。

普通の人は、逮捕、勾留など恐らく想像もつかないと思いますが、実際の逮捕は、悲惨です。
逮捕は、大体、早朝の6時くらいに家宅捜査令状とともに刑事たちが自宅に押し寄せて、逮捕状があればその場で手錠をかけられて、家族がいれば家族の前で連行されます。
警察の持ち時間は48時間、更に検事の持ち時間は24時間あり、その時間内で、勾留請求をされます。最大23日身柄を拘束され、23日以内の間で起訴するか決められます。
普通のサラリーマンであれば23日間も仕事を休むことになれば、失職することになるでしょう。
起訴でもされれば裁判まで更に数ヶ月はかかるので、保釈申請をして許可されなければ、少なくとも2ヶ月くらいは勾留されることになります。
これは裁判所の混み具合にもよります。
有罪ともなれば執行猶予でもつかなければ、実刑判決で刑務所にいくことになります。

それだけでも悲惨ですが、性犯罪での逮捕は、テレビや新聞などのマスメディアに実名報道されることが多いのは周知の事実でしょう。
援助交際トラブルで逮捕された張本人だけでなく、家族や親族も「性犯罪者の家族」といったレッテルを貼られ、後ろ指を指されて生きてゆかなければならなくなるのです。
大げさな話でもありません。軽い気持ちで援助交際は、家庭や人生を大きく壊すきっかけにもなりかねません。

援助交際トラブルで、脅迫被害トラブル、恐喝被害トラブルになる、その次に多い事例として

猥褻画像による恐喝行為があります。

出会い系サイト利用の実態として、一番多い利用者は、男性で、都合よくSEXで出来る遊び相手を求めている人が7、8割くらいはいると思います。
その次に多いのは、デリバリーヘルス等の正規の届出もしていないような裏の風俗業者、更に続くのは、個人の風俗嬢で個人営業をしているプロやセミプロ業者です。
出会い系サイト等で援助交際の遣り取りをしている中で、女性から猥褻な画像が送られてきてきます。
そして,「貴方のも見せて」と要求をされます。女性の要求に応じて自分の猥褻画像を送ると、それを材料に脅迫や恐喝が始まるのです。
その脅迫犯人、恐喝犯人の要求に従わないと、悪質なケースでは、猥褻画像を個人情報とセットでインターネットに流出させたり、自宅・実家・自宅周辺の近所の家・勤務先などに、その猥褻画像を送りつけるなどの嫌がらせをする実害被害事例があります。

その他の援助交際トラブルとしては、昔からある、女性とコワモテの男性がグルになる美人局や援助交際狩り等もあります。

援助交際トラブルと犯罪に関する法律

出会い系サイトを利用する男性で、援助交際トラブルで犯しがちな犯罪として、児童買春が挙げられます。
児童買春とは、18歳未満の者に対し、お金や物を渡したり、渡す約束をして性行為や性行為類似の行為をすることです。
上記行為は、児童買春禁止法に規定されており、違反すると5年以下の懲役又は三百万円以下の罰金に処せられます(同法4条)。

出会い系サイトでの、援助交際トラブル相談で、「女性が年齢が18歳未満だと知らなかった。20歳だと聞いた。騙された。」とお話される相談者の方も多くいます。
実例としては、出会い系サイトで脅迫被害や恐喝被害にあう場合には、相手は平気で年齢を偽って騙してきます。
例えば、20歳だと言われても、安易に信用するべきではありません。
怪しいと思ったら、会ってもさっさと帰るべきです。
騙されたとしても、出会い系サイトでの援助交際の相手方である女の子が実際に18歳未満であった場合には、警察は甘くはありません。
これもよくある事例で、別件で警察に補導されたり取調べがあった18歳未満の女性の携帯の電話帳に名前が登録してあった為に、逮捕されたケースもあります。
例外として、相手方が偽の身分証明書を使って18歳以上と誤信させたり、見た目が明らかに18歳以上に見えるなど、「18歳以上と誤信しても仕方のない明確な事情」が無い限り、警察は,「18歳未満かもしれないけど、それでもいい』といった未必の故意が有るとして逮捕に踏み切るケースが多いようです。
警察が動いた場合には、家宅捜索によるPCや携帯のメール確認(消去したメールの復元もします(警察には専用の特殊な機材があります))や、場合によっては勤務先のPCまで調べにきます。
家族の居る自宅に、出会い系サイトによる援助交際トラブルで家宅捜査などはいったときには目もあてられません、

出会い系サイトで児童を性行為の相手方として誘った場合や、お金や物をあげることを示して児童を交際相手として誘った場合には、出会い系サイト規制法により百万円以下の罰金に処せられます。
要は、実際に児童と会わなくても、書き込みをしただけで犯罪が成立します。
出会い系サイト規正法の内容を知らない人達が大半だと思いますので注意が必要です。
刑罰は罰金刑ですが、逮捕された上でマスコミに実名報道される可能性が極めて高いので、罰金を支払えば済むといった安易な考えは捨てたほうが良いでしょう。
それだけでも取り返しのつかない社会的制裁の罰を受けることになります。
仮に児童との間に一切の金品の授受がなく、性行為や性行為類似行為に至った場合でも、各都道府県の青少年保護育成条例の中にある淫行処罰規定(淫行条例)により懲役刑も有り得ます。
又、例え、相手方が18歳以上であった場合でも、金品の授受を伴う援助交際は、売春防止法違反となりますので注意が必要です。


援助交際による脅迫被害トラブル、恐喝被害トラブルの解決

出会い系サイトによる援助交際トラブルは、上記の法律に違反したことを材料に、脅迫や恐喝、ゆすり、たかり、お金の無心や断れないお願い等を受けたといったものが大半を占めます。
また出会い系サイトには、お金欲しさに少年少女が恐喝行為に手を染める場合だけでなく、暴力団関係者が絡んでいるケースも多いです。
暴力団関係者が関与している場合には、相手は脅迫や恐喝のプロでもあります。
背景に暴力団関係者が関与していると思われる場合には、早急に、出会い系サイトによる援助交際トラブルが大きくならないうちに、さくら生活安全相談解決所にご相談ください。
迅速に、家族や友人、知人、職場含め誰にも知られずに、解決をします。

警察からの逮捕を恐れるあまり、一度要求に応じてしまうと、脅迫犯や恐喝犯にとって、お金の出る打ち出の小槌を得たのと同じになります。更に徹底的に金銭を毟り取られます。
かといって無視すれば、警察への通報行為も有り得ます。なぜなら,児童買春にしても淫行条例にしても児童に対する罰則規定がないので、買春した側を警察に突き出しても自分たちは被害を被らないからです。
脅迫犯や恐喝犯は、お金をこれ以上はとれないとわかると、警察への通報した上で、次のターゲットを求めて、出会い系サイトで獲物を物色することになります。

また、実際によくある出会い系サイトによる援助交際トラブルの事例として、相手方には携帯番号とメールアドレスしか知られていなかった為、相手方の要求を無視していたところ、自宅へ押しかけてきたり、勤務先への嫌がらせの電話がかかってきたというものがあります。
援助交際をした際に、ホテルでシャワーやトイレを使用している間に、免許証や会社の名刺を見られた可能性もありますが、携帯番号が知られてしまうと、名義人を割り出すのは容易にできるのです。
名義人情報として、氏名、住所がわかれば、そこから更に様々な個人情報の割り出しが可能なのです。

現在、出会い系サイトによる援助交際トラブルになりそうな方、進行中な方、金銭を払ってしまわれた方、刑事事件になりそうな方、どのような状況でも、迅速に、家族や友人、知人、職場含め誰にも知られずに、解決をします。
出会い系サイトによる援助交際トラブルが大きくならないうちに、さくら生活安全相談解決所に早急にご相談ください。


女性側の出会い系サイトによる援助交際トラブル

女性の場合、出会い系サイトなどで男性を募集すると、ものすごい数の男性からアプローチがあります。その中には最初から詐欺目当てだったり、または俗に言う裏ビデオの撮影が目当てだったりする場合があります。
もし、その様なビデオが出回り、それが周りにばれてしまった場合、人生が大きく確実に狂います。

撮影は絶対にさせないこと

最悪なケースは、撮影をお願いされて、そのビデオが裏ビデオという形で出回ってしまうことです。
自分のSEXの裏ビデオが出回っていることが学校や家族などに知られ、家族が崩壊したりする場合もあります。当たり前ですが、援交自体違法でしてはいけないことなので、撮影は絶対にさせないようにしてください。
また、女性がシャワーを浴びている間に身分証明書などを入手したり、それを元に脅迫するような場合もあります。写真撮影にせよ、身分証明書にせよ、とにかく写真やビデオのたぐいは絶対に撮らせないことが大切です。

出会い系サイトによる援助交際料金が高額の場合は疑うことが必要

また、よくあるケースが男性から出会い系サイトによる援助交際料金の相場以上の金額を提示され、それに乗っかってしまって騙されるケースです。高額な援助交際金額に目がくらみ、写メを送ってしまったり、場合によってはSEXのハメ撮りをOKしたりした場合、その写真を材料に脅迫されるのです。
そして、相手の要求に従わない場合にはその画像をネット上にさらされたりします。もし、相場より相手の援助交際金額が高額だった場合、まず疑ってください。一般的でない援助交際金額の場合、そこには必ず何か裏があるのです。世の中にうまい話は存在しません。

わいせつな画像や写真を撮影された、うまい話をもちかけられて投資詐欺被害にあった、愛人募集詐欺被害にあった、等の状況の場合には、さくら生活安全相談解決所に早急にご相談ください。
迅速に、家族や友人、知人、職場含め誰にも知られずに、解決をします。

出会い系サイトによる援助交際トラブルによる被害とは、約束していたお金を払わなかったり、割り切りで知り合った相手から脅迫めいた連絡がかかってくるという被害です。
割り切り詐欺を行う男性も多く居ます。
援助交際の料金の相場というものは、都道府県別に年齢や容姿などである程度、決まっています。
それが相場より明らかに高額であったりとかは、詐欺を疑う必要があります。
例えば、首都圏で会う前から5万円以上を提示してくる男性は詐欺師といってもいいでしょう。
この場合、援助交際の料金は後払いです。

①ホテルでSEXをした後に、銀行のCDでお金を下ろしてくるから待っててね、と言われそのまま逃げられたりするケース
②会った時に、わざわざ一緒にコインロッカーに行き封筒にお金を入れて、帰りに鍵を渡すからねと言われ、ホテルでSEXをした
→ホテルを出てコインロッカーの鍵を渡されてコインロッカーをみたら封筒の中にはお金じゃなく新聞紙が切ってあるのがはいってたケース(お金を封筒にいれるところだけ見せて、実際にコインロッカーに入れた封筒は別に用意していた封筒)
③今は手持ちの現金がないから明日振込みするね と言われそのまま連絡がとれなくなるケース
④財布を忘れたからとホテルのお金まで女性に立て替えさせて、後で振り込むからと、そのまま連絡がとれなくなるケース
まだまだ手の込んだ詐欺手法は色々あるのですが、出会い系サイトで援助交際のお金を踏み倒されたと警察に相談にいっても門前払いです。
実質、詐欺なのですが、無料でSEXさせたこと自体、刑法上は詐欺にはなりません。
詐欺になるのは、金品を騙し取られた場合です。しかしながら、詐欺罪自体が、非常に刑事事件としてはハードルは高いです。

愛人募集詐欺というのもあります。

最初から知人であったりの関係であれば、二人の合意によって、愛人関係というものは成り立ったりします。
しかし、出会い系サイトでの愛人募集で会う前から、高額の月極契約の話とかは現実的に有りえない話です。
但し、愛人募集詐欺の場合には、詐欺師は、男性も女性もいます。

①女性側から、高額の愛人契約での前払いの話を提示されるケース ※前払いでSEXさせなくても詐欺にはなりません
②女性側から、愛人契約の話とは別に、部屋を借りる費用や家財道具を買う費用の話を提示されるケース ※前払いでSEXさせなくても詐欺にもならず、尚且つお金を賃貸費用や家財道具との名目でお金をもらおうとする①のケースより強欲タイプの詐欺師です。
③男性側から、高額の愛人契約の話を提示されるケース(月に20万円以上の話なら詐欺だといっていいでしょう)※この場合、必ず後払いです。SEXするだけしてお金は払いません。愛人契約自体、公序良俗に反するので契約にはならないので詐欺にはなりません。
④男性側から、高額の愛人契約の話にセットしてカードを渡してくれと言われるケース※このケースは典型的な詐欺パターンになります。SEXよりお金目当ての詐欺師です。
詐欺師100パーセント確定のパターンです。カードを渡さなければならない話が出て実際に渡したらキャッシングやカードの限度額いっぱいのお買い物されて、そのまま連絡が取れなくなります。
カードの話の時には、うまい話をもちかけてきます。
例 こちらの支払いで限度額無しのカードにしてあげる
  月々のお手当を引き落としにするからカードが必要
この場合でも、原則として、カードは本人が使えるものであり人に貸しては駄目なものです。
実際に警察に被害届を出しに行くと、逆に説教されて、このまま被害届を出すのなら、あなたも逮捕しなければならなくなる 等と言われるケースもあります。


援助交際という決して表立って言えない行為をしており、また未成年の場合は親にも相談出来ず被害が拡大してしまう恐れがあります。

援助交際は「違法」ですからしてはいけないという事が大前提です。しかし、成人同士による場合は違法性を問えず実際の所見逃されている部分が大半です。
出会い系サイトにおいてもそういった利用が圧倒的に多いと思います。

また 一度、勤め先の会社や自宅の住所などを教えてしまうと、相手から金銭を要求される可能性があります。そういったトラブルに見舞われない為にも相手によって公開する情報の範囲を切り分けるようにします。
また仮に妊娠してしまった、旦那にバレてしまったという理由で慰謝料が要求された場合は、「穏便に済ませたい、早く済ませたい、金額が安い」といった安易な理由で簡単に要求に従っては駄目です。
安易に相手の要求を受け入れてしまうと、こちらが非を認めた事になってしまい、後々より一層ややこしい事になってしまう可能性が高いです。
出会い系サイトには多種多様な人がおり、いつ自分が何かしらの被害にあっても可笑しくはありません。
被害にあったり、被害にあいそうな状況の時には、さくら生活安全相談解決所に早急にご相談ください。
迅速に、家族や友人、知人、職場含め誰にも知られずに、解決をします。

出会い系サイトによる援助交際トラブルでは、その他、下記のようなメールがくることがあります。

「○○(出会い系サイトの名前)の管理者です。あなたが掲示板に書き込んだ内容は違法です。警察に通報いたします。」
「当方、出会い系の違法な書き込みを監視しております。出会い系サイト規制法に抵触する書き込みのため、あなたを警察に通報します。」
といったメールです。このようなメールが送られてきても返信などしないでください。というのも、メールを送ったのはサイトの管理人でも監視員でもないからです。
ただの脅迫犯であり、金銭を要求されたり、場合によっては肉体関係を強要されることもあります。
サイトの管理者にせよ誰にせよ、通報する際にはそのことをメールで送ったりしません。
通報するときに何の連絡もなく通報します。
メールを送ってくるということは最初から弱みにつけ込んで脅迫することが目的なのです。

出会い系サイトによる援助交際でのリスク

出会い系サイトによる援助交際の男性のリスクとしては、主に以下のようなものが挙げられます。

①財布や所持品、カード類などを持ち逃げされる。

②美人局(後でコワモテの男達が出てくる)

③奥さんや彼女などにばれてしまう。

④会社にばれてしまう。

⑤18歳以上だと思っていたら実は18歳未満で検挙。

こうしたリスクは常につきまとうものだとお考え下さい。


出会い系サイトによる援助交際リスクを少しでも防ぐ方法

◎所持品などを持ち逃げされないために…

待ち合わせ場所に行くときは、財布には現金だけを入れるようにし、名刺やカード類などは自宅に置いておく事が良いでしょう。

お風呂に入る時は一緒に入るなど、別々になる時間を作らない事も大切です。

美人局に遭わない為に・・・

美人局(つつもたせ)とは、男性を呼び出した後にコワモテ風の男性たち(一人から複数の場合有り)が現れ、金品を恐喝してくる行為の事です。
肉体関係を持つ前に脅されるケースと、肉体関係を持った後に脅されるケースの両方があります。
「俺のオンナ(彼女・妻)に手を出しただろ!責任を取れ!慰謝料払え!従わないなら家に乗り込むぞ!」などの脅迫言葉を使ってきます。
一度支払って済むケースは稀で、支払えば最後、その後も何度もタカられてしまい、最後は借金までさせられて骨までしゃぶられる悲惨な結末を迎えてしまいます。
そうならない為には事前の防衛対策が必要です。
待ち合わせ場所&ホテルは相手に決めさせない事が大切です。
なぜなら美人局の場合は、共犯となる男達が先回りして待機している可能性が高いからです。
途中で女性が○○がいい、と言っても、やんわり拒否、聞き入れないほうが無難です。
他には、待ち合わせ場所を見通しの良い場所に指定し、待ち合わせ時刻より早く到着して、バレない位置から観察して、ちゃんと1人で来たかどうかを確認するのも良いでしょう。
男の車から降りてきた場合はもちろんそのまま帰宅しましょう。携帯で話している場合は、脅し役と連絡を取り合っている可能性もありますので注意が必要です。

頻繁に携帯を使っている
実際に面会して、ホテルに到着するまで、あるいは到着した後もずっと携帯電話を触っている場合は警戒しましょう。脅し役の男性に場所や現在の状況をメールなどで教えている危険があります。
財布の中身は現金だけにする
女性に会いに行く際に、あらかじめ自宅に免許証や保険カードや名刺、お店の会員カードなどの身分が分かりそうなものは置いて行くくらいの用心は必要かもしれませんね。
もし脅迫に遭ったら・・・さくら生活安全相談解決所に早急にご相談ください。
迅速に、家族や友人、知人、職場含め誰にも知られずに、解決をします。

実際に相手女性が美人局目的でなく、不倫が発覚して慰謝料を請求している場合などは訴訟問題になる可能性があります。
この場合はどの程度女性との関係が深いかということが問題になります。大事な争点になるのがまず肉体関係の有無です。
肉体関係がなければどれだけ精神的に不倫していても慰謝料請求を行うことはできません。
こうした恐喝の犯罪は一度でも相手側の要求を飲んで金銭を渡してしまうとどんどん要求がエスカレートしていくことが多いです。
弱みに付け込んだ強要、脅迫、恐喝は人間として許せることではありません。