不倫脅迫被害相談解決

法律上の不倫

日本の法律では、不倫は『不貞行為』(貞操義務の不履行)、
『法定離婚原因』に該当します。


一度きりの性的交渉も不貞行為とされますが、
離婚理由になるには反復的です。

継続的に不貞行為を行っていて
男女間の密会が性交渉を伴わない場合は『不貞行為』にはなりません。


★ 『貞操義務』

夫婦が互いに配偶者以外とは性関係を持ってはならない、
それぞれが純潔を守らなくてはならないという義務のことです。

民法によって定められていて、夫婦間においてのみ成立するとされています。
ですが、内縁関係や事実婚も、夫婦と同一の生活によって成立しているため、
この二者においても負わなければならない義務といえます。


浮気トラブル・不倫トラブル・離婚トラブルは、年々、増加中の泥沼化するトラブルです。

以下は、浮気トラブル・不倫トラブル・離婚トラブルで多い事例です。

★家庭のある男性との不倫でのお付き合いした後の別れ際トラブル
★妻とは離婚するからと嘘をつかれて付き合ったが
離婚する気がないとわかり、トラブルになった
★独身だと嘘をつかれて騙されたトラブル
★不倫関係での堕胎問題トラブル
★不倫で付き合っていたが、不倫を材料に脅迫を受けているトラブル
★離婚したいが夫が怖くて離婚を言い出せない離婚トラブル
★弱みをもたれているから離婚できない離婚トラブル
★浮気男によって人生をもてあそばれた浮気トラブル
★婚約者が浮気したことにより婚約破棄になった浮気トラブル



不倫するとどうなるの?

不倫は民法第770条の離婚事由に該当し、家庭崩壊の場合は配偶者に
『慰謝料の請求』や同じく不倫を働いた者『共同不法行為者』に対し
『損害賠償請求』を起こされることもあります。

慰謝料などの民事責任に問われることになる他、
家族に多大なる心理的影響を与えてしまうという側面もあります。

実子がいる場合は、年齢に関係なく心を激しく傷付けトラウマを植え付けてしまう。
子供が心身を激しく傷つけられた場合には不倫をした本人の配偶者からだけでなく、
子からも訴訟を起こされることがあるります。

重婚的内縁関係に於いては、実子を邪魔な存在と感じて児童虐待に及ぶケースも
後を絶ちません。


配偶者が浮気をしているようだけれど…

浮気は不倫行為と同様ですので、慰謝料請求をすることが出来ます。
ただし、それを特定するような証拠がないと、認められません。
(相手側が、浮気を否定した場合)

前もって証拠を揃えておく必要があります。

メールやラインだけで浮気の証拠になるの?

最近、こうした『証拠能力』についてのお問い合わせを頂くことが増えました。

これは残念ながらメールのみの証拠では
即、浮気をしているという確実な証拠にはなりにくく、
無いよりはまし、という程度になってしまうのが現状です。

理由としては、メールは、他人が「成りすまし」で送っているとも言え、
送っている人物を特定できないからです。

もしも、浮気をしたという事実が違っていた場合、
逆に相手から慰謝料を請求される恐れがあります。

実は、相談者が早合点して、「浮気したでしょ!」と相手を問い詰めたり、
慰謝料を請求する書面を送付なさったケースもあったのですが
早合点は避けたほうが賢明です。


不倫や浮気が発覚した場合、配偶者の方の心情は、決して穏やかではないでしょう。
だからと言って、不倫や浮気が発覚しても、むやみに問い詰めてはいけません

感情的になって相手を問い詰め
その場は、弁解や謝罪により話が収まったとしても

その後は、より密かに相手と連絡を取るようになり、
口裏合わせをしたり、しばらく会うのを控えるなど、影で動くようになってしまいます。

こうなってからでは、証拠をとるとなっても、非常に困難です。

また、感情的に相手を責めることにより、相手は自分の行為を棚に上げ、
理不尽な反論をしたり、時には暴力をふるうなど
最悪の事態にもなりかねません。


   ******************* ******************* ******************* 


不倫関係でのお付き合いの殆どは別れがきます。

一番多い不倫関係は、男性が既婚者で、女性が独身というケースです。

女性が、騙されたと判り、別れるのならいいのですが、
その男性と別れない場合には、
男性側にとって、“都合のいい女”という存在になってしまいます。

既婚者が、独身の女性をつなぎとめる時

「家庭内別居だ」

「妻とはレス(セックスレス)だ」

「子供が成人になったら一緒になりたい」

等々、調子のいいことを言いますが、信じてはいけません。嘘でしかないのです。

不倫関係でのお付き合いで、本当に、離婚してまで一緒になるケースは
数パーセントくらいしか居ないと思います。


逆に、相手の男性が最初から既婚者だとわかっていながら
不倫関係になる女性も居ます。

交際当初、女性は、

「家庭を壊すつもりはないのよ」

「一緒にいられればそれだけでいい」

「結婚には興味がなくって。貴方とお付き合いしたいだけなの」


このように言われると男性側にとっては都合がいいので、交際を始めてしまいます。

不倫恋愛では、色んなパターンがありますが、愛が深まってくると、
相手を独占したいという気持ちが芽生えはじめます。

それに伴って、自分の存在を配偶者に知らしめたいと心境が変化していきます。
離婚を迫ることも出てくるでしょう。

無自覚にこのような行為に走ってしまうこともあり、
結果として余計に事態が悪化することがあります。
その行為が相手を困らせ、別れにつながることを冷静に考えることができません。

結婚したいと言い始めた浮気相手は、
かなりの確率で土日・深夜に電話やメールをする、自宅に連絡をするなど
敢えて(あなたの)配偶者に自らの存在を誇示し、浮気が発覚する行動をします。

このままだと家庭が壊されかねないと思い、女性に別れ話をすると
相手から手切れ金と称して多額の慰謝料を要求されたり
浮気相手を逆上させてしまい、一層のトラブルになることも多く見受けられます。

「家庭を壊すつもりはない」と了承の上で交際を始めたのに、
不倫相手は、やっぱり結婚したいと言い出し、
別れを切り出してもなかなか納得してくれないという話を
見聞きされたことはありませんか?

不倫が発覚すれば、配偶者から慰謝料をとられる危険性があるにも関わらず
一番になりたいという欲求の方が勝り
自分の存在を誇示するために、
会社や家に来るというケースを多く見ております。
  
そのような場合、不倫相手との関係を解消するだけでなく、
不倫相手が、配偶者や会社へ不倫の関係を公表してくることを
食い止める必要があります。

不倫相手に少しでもおかしな兆候が見えたら、取り返しのつかなくなる事態の前に、
浮気・不倫トラブル解決専門のさくら生活安全相談解決所にご相談ください。


 ? *不倫相手と別れたい女性の方へ* ? 


浮気・不倫相手と別れたいのに
脅かされて別れることができず、困っていませんか?


「家族に危害を加えるぞ!!」

「職場に不倫関係をばらすぞ!!」

「別れるなら、(交際中に撮影した)裸のわいせつな画像をネット上に流すぞ!!」」

「オマエのわいせつな画像を旦那や子供宛に送ってやろうか。
自宅や近所に送り付けてやるぞ!」

「会わないと言うなら、わいせつ画像を近所にばらまくぞ!」


このような状況になってしまったとき
警察に行ったら、不倫の事実がバレてしまうから・・・と
弁護士に依頼をされる方は多いと思います。

弁護士が行う解決方法は、“相手に内容証明書を送付すること”なのですが
“内容証明書”を受け取った相手は、脅迫を止めて大人しくなるどころか、
ますます逆上してしまい

本当に、相手の女性の卑猥な写真を、女性の自宅に送りつけてきたり、
酷いケースでは、女性の子供宛に送ってきた、という事も、実際にあるのです。


また、不倫恋愛トラブルには、

相手に撮影された、猥褻「わいせつ」写真や動画を
脅しの材料として使われ

体の関係を強要されたり
お金を渡したりしているケースもあります。

別れたいのに別れられない、金銭を要求される、体の関係を強要される等、
先が見えないまま、不倫関係継続を強要されます。

こうなると、かなり悪質です。

たとえ、卑猥な写真や動画を材料に脅迫されていたとしても

警察や弁護士では、
猥褻「わいせつ」写真や、猥褻「わいせつ」画像、猥褻「わいせつ」動画について
相手から回収をしたり、破棄させることは、法律上出来ません。

理由は、所有権が、相手にあるからです。

警察や弁護士では、相手が所有する写真や動画を
破棄・回収することは不可能ですが

日本で唯一、さくら生活安全相談解決所では、

完全秘密厳守で
相手が所有する猥褻「わいせつ」写真や画像、動画のオリジナルを全て
回収・破棄をさせることが可能です。

同時に、別れたい相手からは、今後一切、関わりを持たれることなく
完全に縁を切ることも出来ます。

脅迫被害問題、恐喝被害問題、脅かし被害問題、強請被害問題、リベンジポルノ問題、悪縁切り問題は請け負った案件は、100パーセントの解決を保証致します。

誰にも知られずに、永久に相手から仕返しや復讐されることもなく、
安心・安全な生活を保障いたします。


既婚男性に騙されて、別れたいという女性の方は
その男性に慰謝料や損害賠償請求をするべきです。

女性としての大事な期間を、その男性に騙されて無駄にしているわけですから
当然といえるでしょう。

女性癖の悪い男性の場合、既婚者であっても
独身だよ♪と、偽るのは、日常茶飯事。

普通の幸せを築きたい、家庭を持ちたいと考えている独身女性の人生をもてあそぶわけです。

このようなタイプの男性は、女性を卑下してみており、女性の敵ともいえるでしょう。

不倫問題や離婚問題だと、普通に民事裁判で行えるケースなら、弁護士を使うのをお勧めしますが、
日本の民事裁判の場合は、時間がかかりすぎますね。

弁護士に相談すると、お金の貸借なら借用書の有無
民事的損害賠償目的なら証拠の有無を聞かれます。

民事的損害賠償やお金の貸借関係の場合
証拠がなければ、訴訟を行っても敗訴する可能性は高いです。

不倫関係の問題や離婚問題だと、有利な証拠の有無や、民事的裁判をするかしないかを聞かれます。

泥沼化するような離婚裁判では、数年なんてあっという間にかかります。

それだけ時間がかかっても納得のいく結果が出ればいいのですが、
勝訴という判決が出ても、相手が判決どおりの行動をしてくれるか否かは、全く別の問題となります。

証拠も揃っているとして勝訴したとしても
裁判所の判決が通用する相手、全く通用しない相手もいます。

裁判勝訴が通用しない相手なら
理不尽な目に合わされて、弁護士を使い裁判を行って勝訴したとしても、
返金や支払いはありません。

この実態は、民事裁判を勝訴しても返金されなかった経験をした人は判ると思います。

詳細な強制執行逃れの仕方は書くのを控えますが、
簡単にまとめると
銀行預金から不動産、家財道具まで、家族の持ち物にすればいいだけの話です。

同じ家に住んでいよう家族名義のものには、裁判所の強制執行は効力は及びません。
実質 勝訴判決は紙っぺらになります。


それではどうすればいいか?
さくら生活安全相談解決所にお任せください。

さくら生活安全相談解決所では、
裁判で勝訴したにも関わらず、相手が判決通りにしてくれなかったという方からの
ご依頼も多く
長年の解決実績から身につけたノウハウを生かし解決に導きます。

毎月 定額料金のコンサルタントコースから、
クライアントと一緒に解決まで実務的に行う解決コースまであります。
(ケースにより、完全分割お支払いコースもありますので、お気軽にお問い合わせください。)
どのようなトラブルでもご相談ください。


必ず解決しますので、勇気を出してご相談下さい。